« December 2004 | Main | February 2005 »

January 26, 2005

ゴルフ場カート

foma_132ゴルフ場カートの角パイプフレームが折れてました。

一般のプレーヤーが乗るカートではなく、管理人がコース内を点検する際、
乗るカートだそうです。
プレー中に折れたら大変なことになったのではないか。と心配しましたが、
良かったです。

天井のフレームが折れた原因は、車体近くの立ち上がりのフレームがカバー
内で折れており、それに気が付かづ乗っていたため、天井まで被害が及んだ
みたいでした。

フレーム2箇所の歪み取り及び交流tigにて溶接修理しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2005

アルミ製歩行器

foma_009近くのおじいさんから、新しい歩行器を購入するまでの間使いたいので
くっつけてほしいとの依頼でした。

どうせ新しいのを購入するんだったらもったいないですよ。
買うほども掛かりませんが、手間掛かりますよ。
と言ってもどうしてもと聞かない。

foma_011

結局、やることになり溶接しましたが、薄肉パイプで結構手間が掛かりました。
つなぎのパイプを固定するためのビス穴が開いているため、構造上どうしても
弱い箇所になってます。
そこで、パイプ内側に補強用のパイプを入れ強度をだすようにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2005

アルミ製三脚

_014庭師さんから依頼された三脚です。

所々にひびが入っていましたが、修理して使いたいというものでした。
もう20年近く使っているもので、同じ三脚はもう無いとか。
やはり使いなれた道具が体に合うそうです。

_015

そんな職人さんのお力になれたことがうれしかったです。
その後も、ちょくちょく違うサイズの三脚を持ち込んで修理させてもらっています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2005

容器の縁肉盛

_003豆腐屋さんのアルミ容器です。

何に使われているのかは、判らないが年季は入ってます。
容器の縁が使い込まれて、アルミ板が薄くなり割れていました。

これこそ、愛着の品という感じです。
買い換えるのは簡単だけど、こうして肉盛さえすればまだまだ使えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2005

溶接機コイル端子

tansi1
溶接機内のコイル端子です。

長い間使っている間に、端子が疲労し折れてしまったものです。
何で、端子がアルミなのか?疑問。

それはさておき、無くなった端子を製作。
厚さ4mmもあれば大丈夫だろう。Φ8のビス穴をあけ
残っている端子に溶接。

tansi2
交流tig溶接にてこんな感じに。
まだまだ、(溶接機)働いてもらいます!

| | Comments (325) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »