« 鍋持ち手 | Main | シュークリームの台 »

August 30, 2005

三脚修理

050901_012

何回か修理させていただいている庭師さんのアルミ製三脚です。
引き抜き材を溶接で組み立ててあり、軽く仕上がっています。

やはり何年も使っていると溶接部の近くに疲労のため、
クラーク(ひび)が入ってくることがあります。

今回はサポートパイプが、綺麗に割れて離れていました。
脆性破壊?
アルミの材質が長時間立つと変化するのか。
引張り応力か。

とりあえずティグ溶接にて補強。
でも原因を考えないと怖いですね。


050901_015

|

« 鍋持ち手 | Main | シュークリームの台 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86333/5745247

Listed below are links to weblogs that reference 三脚修理:

« 鍋持ち手 | Main | シュークリームの台 »