« August 2005 | Main | October 2005 »

September 29, 2005

鍋持ち手修理

愛着のある片手鍋だから、持ち手を直してほしい。
って依頼でした。


お話を伺うと、進駐軍の払い下げだとか。

木の柄の部分が回ってしまうから使い辛い。と

最初は簡単。裏からビスでもんでしまえば回らないようにすることは出来る。と思いましたが
とりあえず、分解。

050929_003
050929_002

構造的には、木の柄には回転しないようにホゾ加工してあったものが、長い間使っているうちに
木がぼけてホゾがなくなっていた。

ビスでもむ必要もなく、木の柄を180度回転させ、新しくホゾ加工し装着。

バッチリ。回転なし。
鍋の持ち手に、ビス穴加工して傷をつけることなく、問題解決できてよかった。

・ ・ ・ ・ これって溶接屋の仕事? ま、いいか。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 27, 2005

マフラーの穴

ひどい。ここまで大きな穴が開くまでほって置くなんて。

050927_002

ボンゴのマフラーらしいのですが。

t1のステンレスの板をRを合わせ当て、全周溶接しました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 26, 2005

掃除機のキャスター

掃除機のキャスターがプラスチックの成型品の裏にねじ込んであったものです。

使っているうちに、プラスチックのねじ込み部分がゆるくなって
キャスターが取れていました。

掃除機タンク下のプラスチック製型品を外し、ステンレスフラットバーでキャスターを固定
し出来上がりです。

050927_001

キャスターの車輪が減っても、市販のキャスター取り付けが出来るでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 24, 2005

真鍮鍋の持ち手

真鍮鍋にステンレスの持ち手を、リベットで止めてありました。
使ってるうちにリベットがゆるくなり、ぐらぐらになってきたものです。

050927_006

リベットで止めてある穴が、裂け気味になっていてリベットでは無理。

銅の板を細くカットしたものを溶加棒の代わりにTIG溶接。

思った以上に上手くいきました。

| | Comments (154) | TrackBack (0)

シュークリームの台

結婚式にシュークリームのタワーみたいなものがありますよね。
そのタワーを支える台です。

050927_004

この枝の上に透明のポリ板を置き、シュークリームがキレイに
飾られるものです。

050927_003

今回はこの枝部分が取れたため、修理しました。
TIG溶接後、バフ研磨です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »